AS PROJECT / Sketch & Model

2008.11

プログラム(クライアントの要求)の整理
初期の構想です。スケッチブックに敷地条件とクライアントからの要望を書留め、今回の計画の可能性を模索しています。
2008.11

S=1/100のModel;初期のイメージ模型
街との関係性を考えながら、街との距離感をどのように捉えて建物を配置するかを検討しています。
2008.12

S=1/100のSketch
この敷地の特性やクライアントの要望を踏まえ、全体のゾーニングをスケッチにてスタディーしています。螺旋階段により空間を直接繋げることを考えています。
2008.12

S=1/50のModel
スケッチでスタディーしたものを模型にして確認しています。
2009.02

S=1/50のModel
1階外部空間(庭と駐車場)を引戸により解放できるように考えています。引戸により街との距離感を自由に調整することができます。
2009.02

S=1/50のModel
S=1/100のイメージ模型から、3階の形態が変わりました。具体的なプランにより外形が変化して行きます。
2009.03

基本設計の骨格が完成。
螺旋階段を中心にそれぞれの空間がスキップ状につながります。家族の距離感をほどよいものとすることを考えています。
2009.03

S=1/50のModel
1階のあり方を考えています。
乳白のガラスで囲うことで外部との関係性を曖昧にしました。
2009.06

S=1/30のModel;実施設計案
基本設計でまとまったプランを元に詳細な模型を作っています。壁面とサッシュの構成やバランス、 外観としてのプロポーションをディテールを作りながら確認しています。
2009.06

S=1/30のModel(インテリア1)
鉄骨柱の位置や家具の大きさ、光の入り方等を大きな模型にて確認しています。
2009.06

S=1/30のModel(インテリア2)
内部空間の大きさ、サッシュの大きさと位置、螺旋階段の手摺形状等を大きな模型にて確認しています。
2009.06

S=1/30のModel(インテリア3)
空間のつながり、サッシュの位置、素材等を大きな模型にて確認しています。
2009.06

外観パース
2009.06

インテリアパース1
1階室内から外部テラスを見る。
2009.06

インテリアパース2
2階ダイニングからリビングを見る。
Top of Page