田井勝馬建築設計工房
mailkt-archi@nifty.com
045-227-7867 (Mon - Sat)

Works / 下永谷の家 二世帯住宅+離れ

photo

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

photo

      

Concept
本計画はこの地を永らく守り、住み繋いできた旧家の老朽化に伴い、これからの世代交代による次世代、また次の世代へ「本家」を継承する為の立替計画である。 「本家」としての誇りを強くもつ統主の「継承」への想いを具現化し、相応しい風格をもった佇まいとなるよう計画を行うことが求められた。 敷地には先代達が積み上げてきた様々な記憶が残っており、その「土地の記憶」を残しつつ新たな計画と調和させていくことが大きなテーマとなった。 2世帯の母屋棟と茶室を兼ねた平屋棟の2棟を敷地の高低差を利用した配置とし、大きな古い桜の木がある庭園や竹林、また石積みなどの土地の記憶を取り込み、感じられるよう意図している。 風格のある石積み階段のメインアプローチは既存保存として、門廻りの設えを更新することで、旧来の佇まいを残しながらも新たな「本家の顔」となるように計画した。 母屋棟の1Fは重厚感を表現するコンクリート造、2Fは開放性をもたせつつ大きな1枚屋根を載せた鉄骨造、平屋棟は木の温かみを感じる木造とし、各構造の特徴を活かして表現するような形式を選択した。 母屋棟の1Fは年に数度、親戚一同の会する場として、応接スペースと一体となった使い方ができるよう計画した。 大きく張り出したデッキテラスと外部まで伸びる杉板型枠を用いたコンクリートの壁は内部と外部の連続性を強調し、開放できる大きな開口部と相まって庭園へと広がりのある空間を創出している。 2Fは大きな開口部で外部への開放感を持たせると共に、内部の間仕切りの上部を透過させることで、大きな1枚屋根がどの部屋にも繋がる伸びやかさのある空間を生み出している。 内部天井と外部の軒裏に張られた木の羽目板が連続し、大屋根に包み込まれるような「軒下空間」を介して外部空間との連続性をもたせている。 平屋棟は茶室を持ち、内装に木の表情を用いることで、和のような温もりを感じられる設えとした。 屋根傾斜をそのまま表現した天井から連続して伸びる低く抑えた軒先は、視線を制御し竹林との関係性をより意識するよう配慮している。 重厚感や伸びやかさを表現した大屋根、建物と土地記憶を調和させた2棟の配棟によって「本家」としての風格が表徴された計画となった。 本計画が代々続いてきた「家」の歴史に寄り添い、繁栄を共にできることを願っている。
Data
計画敷地: 神奈川県横浜市
用  途: 二世帯住宅 + 離れ
住戸戸数: 1戸
階数構造: 地上2階 RC+鉄骨造
地上1階 木造
敷地面積: 1111.08u (336.09坪)
建築面積: 母屋 284.98u (86.20坪)
離れ 81.54u (24.66坪)
延床面積: 母屋 403.20u (121.96坪)
離れ 70.47u (21.31坪)
工程工期: 設計15ヶ月/工事10ヶ月
施工会社: 株式会社キクシマ
photo: seiichi ohsawa

Top of Page